おいしいコーヒーを入れるには

淹れ方を学ぶ

おいしいコーヒーを淹れられるようになれば、誰でも至福のひと時を比較的簡単に手に入れることができます。

 

コーヒーの淹れ方を学んでいる人ならだれでも、日々自分の技術の向上を目指しておられることでしょう。

 

結局のところ、おいしい淹れ方というのはコーヒーから旨みを感じさせる成分をいかにうまく引き出すかであって、雑味を出さない技術と言えます。

 

ペーパードリップ

家庭でも簡単に出来るとなると、やはりペーパードリップでしょう。ペーパードリップで大切なのは、初めに豆を蒸らし、水分の通りをよくすることです。この過程を急いでしまうと、コーヒーから十分に旨み成分を引き出すことができず、ただ苦い液体になってしまいます。

 

コーヒーの粉の粒にしっかりしみこませる必要があります。ですのでペーパーにコーヒーをセットしたあと、軽く指で押さえて安定した形をつくり、偏りのないように整えます。お湯を注いでまず蒸らし、その後も直径3センチ以内の中心部以外にお湯を注がないように気を付けましょう。

 

湯の温度は90度を大きく超えないようにします。やかんで沸かしたお湯を、注ぐ専用のポットに移すと大体90度ぐらいに下がります。お湯を注いでいる間、粉が水分を吸って膨らみますが、このガスが充満した状態を保つのも大切です。

 

最後も、一滴が落ちきるまで待つのではなく、人数分が抽出出来たらさっと取り上げ、雑味の残る最後は淹れないようにしましょう。

 

プレス式

コーヒー豆本来の味わいをより引き出すのは、フレンチプレスによる抽出方法です。プレスによる淹れ方の際、ひと際大切なのは、その抽出時間です。

 

4分という時間を守りましょう。それより短くても長くても抽出は不十分になるか過多になるだけで、豆の個性を正しく引き出すことはできません。プレスでは豆の質が想像以上に味を左右しますので、一番こだわりの豆を試す際にはぜひプレス式を用いましょう。

 

コーヒーの濃さ等は、時間ではなく豆かお湯の量で調整します。お湯を注ぎ、コーヒーとお湯が触れたら、時間の計測を開始します。お湯は直接ではなく、プレスのガラス側面にあてながら静かに注ぎましょう。

 

粉全体にしみこむまでゆっくり注ぎましょう。4分経ったらプレスを下にゆっくり下げます。これで完了です。

 

まとめ

他にもコーヒーを抽出する方法はありますが、代表的な二つの方法を取り上げてみました。

 

いずれにしても、それぞれの方法の特徴を良く知り、豆の特性にあった方法を用いる必要があります。ぜひ特徴をつかんで、最高のコーヒーを味わってください。

関連ページ

朝に最適なコーヒー
朝に淹れたてのコーヒー。この言葉の響きからして素敵な感じがしますよね。世界中の人が朝にコーヒーを嗜み、それぞれの一日を始めています。今やコンビニでも淹れたてのコーヒーを飲める時代になりました。
コロンビアの特徴と味わい
ブラジルの北西に位置するコロンビアは、コーヒーの栽培に適した気候を持っています。日中と夜間の気温差が比較的大きく、年間の降水量が2000ミリあり、かつ一定の雨季の後に乾季が定期的に訪れるため、これもコーヒー栽培を促すのに適しています。
ブラジルの特徴と味わい
言わずと知れた、ブラジルコーヒー。世界に名を馳せるその実力通り、生産量と輸出量で世界で一番を誇ります。輸出量だけでなく、国内でもアメリカに次ぐ位置で国中での消費が盛んです。
マンデリンの特徴と味わい
マンデリンコーヒーは、インドネシア産のコーヒーです。スマトラ島、ジャワ島など、日本でも知名度のある島々でコーヒー生産がなされています。
カフェインレスコーヒーの特徴と味わい
コーヒーとカフェインは切っても切れない関係と思う方も多いでしょう。実際、カフェインは適度に摂取するなら、脳の覚醒を促し集中力の維持や眠気防止などに役立つ有用な面もありますが、健康上の理由から飲めない人も多数存在します。
ガテマラコーヒーの特徴と味わい
ガテマラもしくはグアテマラは中米に位置し、カリブ海と太平洋を見渡す絶好の位置にあります。国土は日本の30パーセントほどと言われ、メキシコと中米を接続しています。
タンザニアの特徴と味わい
アフリカ東部に位置しケニアに隣接し、またマダガスカルの近くに位置するタンザニア。富士山よりも高い、アフリカ一の高さを誇るキリマンジャロ山が北部にそびえます。高品質な豆はすべてキリマンジャロ山の標高を利用して栽培されています。
男性に好かれるコーヒーの味
おいしいコーヒー。好きな人なら誰でも好みの一杯を探し続けるものです。ところが、コーヒーの好みは男性と女性で分かれるもの。おおまかに言って、男性はコーヒーの苦みや酸味を楽しむ傾向にあります。
香りをきれいに立たせるコーヒーの入れ方
コーヒーは苦みや酸味、コクを味わいながら飲みたいものですが、加えてその香りも大いに楽しみましょう。コーヒーはただ苦いだけの香りばかりではありません。生産地によって、豆の種類によって、焙煎の度合いによって、実に様々な表情を見せてくれるのがコーヒーです。
女性でも飲みやすいコーヒー
世界中で愛飲されているコーヒー。言わずもがな、たくさんの女性にも愛されています。日本でも飲まれるようになって早数十年、コーヒーなしでは生活できないという方も多いでしょう。
砂糖やミルクと合わせるとよい朝のコーヒー
朝、仕事に向かう前、ドリップコーヒーの良い香りを楽しみながら目を覚まし、出勤前においしいコーヒーを楽しむ。こんな優雅なひと時を毎日楽しめたら幸せですよね。
おいしいアイスコーヒーで時短しよう
暑い夏にはアイスコーヒー。いまやコンビニでも手に入るようになったアイスコーヒーは、蒸し暑い日に飲むと湿気から体が解放されるような、爽やかな気分になりますよね。
アイスコーヒーに適した豆
ホットコーヒーと同じように、アイスコーヒーの場合も味わいにはこだわりたいもの。キンキンに冷えていれば同じだ!という方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに香り等ホットに比べて目立たなくなってしまう要素も少なからずあるものの、コクや苦み、酸味といったコーヒーの基本要素はアイスコーヒーの場合でも同じく活きてきます。
ペーパードリップで引き出せる味わい
お湯を注いだ瞬間に立ち上がる湯気と香り。ペーパードリップで淹れたときに真っ先に浮かぶ光景で、これが最大の魅力とも言えます。この方法で淹れると、淹れている最中からもう既に香りを楽しむことができます。
ロースト具合を自宅で変える方法
コーヒーへのこだわりがますます強くなってきた昨今、多くの人が理想の一杯を求めて、専門店またはネットで豆を探しています。しかも最近では自宅でコーヒーを生豆から焙煎したりロースト具合を変えたりと、工程までこだわる人も増えてきました。
劣化した豆や粉を再生する方法
お気に入りのコーヒーは、たくさん買って自宅に保管しておきたいものです。ところがコーヒーは徐々に酸化していき、本来の風味や味は損なわれていきます。酸化は焙煎が終わってからすぐに始まります。
毎朝のコーヒーにかかるコストを抑える方法
あなたがコーヒー好きなら、きっと毎日飲んでいるはず。しかもこだわりの一杯を見つけているなら、可能な限りその豆、その銘柄で飲みたいものです。おいしいコーヒーにこだわればこだわるほど、豆やコーヒー器具に自然とお金は費やされます。
子どもが飲みたがる時のコーヒーの与え方
おいしいコーヒーを家族で楽しめたら、それはきっと幸せなひと時になるでしょう。特に親がコーヒーを愛しこだわりを持ち、毎日楽しんでいるならば子供が興味を持つのも仕方がありません。でも親であれば子供にコーヒーを飲ませるのは心配という方がほとんどでしょう。
カフェインの特徴と効果
コーヒーは朝の心強い味方です。おいしい朝のコーヒーを飲むことは体を目覚めさせる助けになり、気分を爽やかにしてくれます。その立役者は、言わずもがなカフェインです。
コーヒーを飲み過ぎた時の注意
毎朝、午前の休憩時間、昼食後、午後のひと時。。。コーヒーを飲む機会はたくさんあり、それぞれが私たちにとって意味を持っていることと思います。朝は目覚めの一杯、午後はリラックスの一杯等、ふさわしい時に応じて飲むコーヒーは格別ですね。
コーヒーの健康効果とコーヒーに含まれる成分
これまで見てきたように、コーヒーには、摂取しすぎると幾らか体調不良の原因になるとはいえ、基本的には健康に良い成分が多いということが知られています。
手網焙煎は自宅のガスコンロでできる
コーヒーは豆の質もさることながら、焙煎によって味わいや個性が大きく変化します。焙煎にはマイスターという専門の職人ともいえる人たちが広く知られていますよね。
自家焙煎でブレンドをレベルアップしよう
皆さんはもうおいしいコーヒーを見つけておられますか?香り・コク・苦み・後味を自分好みで満たすコーヒーを見つけるのは至難の業です。もし既にそんな豆は見つけた!という方は、一生ものの宝を見つけたことになります。
コーヒーのブレンド研究をする方法
今の時代、コーヒーはどこでも手に入り、豆や挽いたもの、生豆でさえも日本に居ながら買えるようになりました。喜ばしいことであると同時に、好みのコーヒーを探すのも今まで以上に難しくなりました。
素早くおいしく抽出する練習をしよう
誰もがおいしいコーヒーを自宅で淹れられたらと、考えます。市販のものやコンビニのものでもある程度の味は確保できますが、可能な限りおいしい究極の一杯が欲しいですよね。でもコーヒーの抽出は難しいと考えていませんか?
カフェ経営にも生かせる朝のコーヒー
自宅で豆を焙煎し、それを気に入ってくれる人がいたら、カフェの経営も夢に見えるところまではきていることでしょう。朝のコーヒーを活用して、バリエーションを増やすなら、きっといろんな選択肢を手に入れることができるはずです。
飲食店経営に必要な資格
憧れのカフェ経営。コーヒー好きが高じて自分で生豆から焙煎するようになり、気が付けばそれをささやかに販売するまでになっていて、そこから自前でカフェの経営を考えるようになったという人は少なくありません。