カフェ経営にも生かせる朝のコーヒー

朝のコーヒー

 

自宅で豆を焙煎し、それを気に入ってくれる人がいたら、カフェの経営も夢に見えるところまではきていることでしょう。

 

朝のコーヒーを活用して、バリエーションを増やすなら、きっといろんな選択肢を手に入れることができるはずです。また朝のコーヒーは自身の生活にも活かすことが出来るでしょう。

 

朝コーヒーのメリット

朝にコーヒーを飲むと、様々なメリットが得られます。やはりカフェインによる覚醒効果は絶大です。カフェインは脳の覚醒を促す物質で、かつ中枢神経にも作用します。

 

これによって目を覚まし、記憶力を向上させ、集中力も増大させます。定期的にコーヒーなどによるカフェインを摂取している人は、そうでない人に比べて物忘れを防ぐという研究結果もあります。そういう特徴を持った朝のコーヒーを活かすなら、自分の仕事に集中するうえで素晴らしい効果を発揮してくれることでしょう。

 

ただし、朝起きた直後にコーヒーを飲むと逆効果です。何かを食べて、もしくは水を飲んで、理想は1時間以上後にコーヒーを飲むことです。そうすると覚醒ホルモンの分泌を一番効果的に補うことができます。

 

朝、頭痛がして体がだるいという人はいませんか?コーヒーは頭痛を取り除くようにも作用します。脳内の血管を活発にし血流をよくするので、朝頭がすっきりしないときは適量のコーヒーが最適です。

 

またコーヒーの成分は腸内環境を整えます。朝お通じが調子いいと助かりますよね。コーヒーは善玉菌を保護します。

 

また抗酸化物質を多量に含んでいますから、ガンの原因物質の抑制やその他様々な薬理効果もあります。こうして見ていくと、朝の適切な時間にふさわしい量のコーヒーを飲むことは非常にメリットのあることがお分かりいただけるでしょう。

 

カフェ経営に朝のコーヒーを

当然ながら、カフェを経営する際にも朝のコーヒーを視野に入れる必要があります。

 

モーニングコーヒーセットを用意することは当然必要です。あまりに沢山の選択肢を朝から用意してしまうと、お客さんが選ぶのに時間がかかってしまいしんどく感じさせる要因になってしまいますが、いくつかモーニング用のメニューが存在している必要があります。

 

淹れたてのコーヒーやぐっと目を覚まさせるエスプレッソなどのほかに、先ほど考えたことを踏まえてカフェオレやその他のフレーバーコーヒーも有効でしょう。

 

朝にはぜひ爽やかに目覚めさせるコーヒーを準備しましょう。

 

まとめ

朝においしいコーヒーを飲めることは、多くの人にとって幸せなひと時です。

 

その助けとして、それだけでなく自分自身のいい一日のスタートのためにも、朝のコーヒーを上手に活用してみましょう。

関連ページ

飲食店経営に必要な資格
憧れのカフェ経営。コーヒー好きが高じて自分で生豆から焙煎するようになり、気が付けばそれをささやかに販売するまでになっていて、そこから自前でカフェの経営を考えるようになったという人は少なくありません。
おいしいコーヒーを入れるには
おいしいコーヒーを淹れられるようになれば、誰でも至福のひと時を比較的簡単に手に入れることができます。コーヒーの淹れ方を学んでいる人ならだれでも、日々自分の技術の向上を目指しておられることでしょう。
コーヒー資格を取るには
自家焙煎やカフェの経営まで視野に入ってきたなら、コーヒーについてより深く知ることが必要になってきます。世の中にはコーヒーに関する国家資格などはありませんが、独自に定められたコーヒーに関する一つの試験や資格などがあります。
カフェ経営資格を取るには
カフェを経営するにあたって、必要な資格がいくつかあります。いわゆる喫茶店として営業する場合、お酒や調理の必要がないので、比較的簡単に始めることができます。でもこれは逆に言うと、酒類の提供・火での調理が禁止されているということになります。