コーヒー資格を取るには

コーヒーをより深く知るために

 

自家焙煎やカフェの経営まで視野に入ってきたなら、コーヒーについてより深く知ることが必要になってきます。

 

世の中にはコーヒーに関する国家資格などはありませんが、独自に定められたコーヒーに関する一つの試験や資格などがあります。それらを取得することによって、自分でもよりコーヒー知識を深めたり他人からも分かりやすいコーヒーの専門家のような立場を得ることができます。

 

前述のようにコーヒーの「資格」なるものには、国家の認証や法的な立場がないので、あくまでコーヒーに関する民間のタイトルだという認識になりますが、それでもそこで学べる専門知識は非常に深く、活用次第で自分の趣味や果てはカフェ経営まで幅広く役立ってくれることでしょう。では、コーヒーに関する資格にはどういったものがあるでしょうか。

 

コーヒー資格を選ぶ

「コーヒーソムリエ」は、日本安全食料料理協会が発行する一タイトルです。ここではの養成講座を通して、コーヒーとは何か、そのための豆の生産や生産地の選び方、コーヒーの個性の合わせ方を学びます。

 

生産から抽出まで幅広い知識を取り入れ、コーヒーの評価の仕方やもちろん器具の扱い方など基本的かつ奥深いことまで学べるので、際限のないコーヒー豆の中から、おいしい、あるいは違う趣向に合わせて組み合わせを学べます。

 

コーヒーの歴史や生産地ごとの特徴、適切な抽出方法やラテアートの作り方まで学ぶことができます。

 

コーヒーに関する知識もさることながら、魅力的なのはラテアートの試験ではないでしょうか。世界で数えきれないほどの人がラテ「アーティスト」として名乗るようになった昨今ですが、カフェ経営を考える人には、ラテアートによって看板メニューを強化したり集客力を上げる良い方法です。

 

これらの資格によって従業員などを教えられるようになれば、カフェ経営にも大いに役立ってくれることでしょう。

 

資格を取る意味は?

これらの資格は有料で、大抵のものが講座を受講するスタイルを取っています。

 

国家資格あるいは法的な資格でもないのに取る必要はあるのか?と思われるかもしれませんが、これらの試験を含んだ勉強過程において得られる知識は独学で得られるものよりもはるかに多く、加えて分野の幅広さも個人での情報収集とでは雲泥の差があります。

 

また比較的短期間で工程を終えられるのも利点の一つです。

 

まとめ

自身のコーヒースキルアップのため、カフェ経営のため、コーヒー資格の取得を目指すのはいかがでしょうか。

 

幅広いコーヒーに関する情報は、あなたのコーヒーライフをあらゆる面で豊かにしてくれるでしょう。

関連ページ

飲食店経営に必要な資格
憧れのカフェ経営。コーヒー好きが高じて自分で生豆から焙煎するようになり、気が付けばそれをささやかに販売するまでになっていて、そこから自前でカフェの経営を考えるようになったという人は少なくありません。
おいしいコーヒーを入れるには
おいしいコーヒーを淹れられるようになれば、誰でも至福のひと時を比較的簡単に手に入れることができます。コーヒーの淹れ方を学んでいる人ならだれでも、日々自分の技術の向上を目指しておられることでしょう。
カフェ経営資格を取るには
カフェを経営するにあたって、必要な資格がいくつかあります。いわゆる喫茶店として営業する場合、お酒や調理の必要がないので、比較的簡単に始めることができます。でもこれは逆に言うと、酒類の提供・火での調理が禁止されているということになります。
カフェ経営にも生かせる朝のコーヒー
自宅で豆を焙煎し、それを気に入ってくれる人がいたら、カフェの経営も夢に見えるところまではきていることでしょう。朝のコーヒーを活用して、バリエーションを増やすなら、きっといろんな選択肢を手に入れることができるはずです。