.カフェ経営資格を取るには

カフェ開業にむけて

 

カフェを経営するにあたって、必要な資格がいくつかあります。

 

いわゆる喫茶店として営業する場合、お酒や調理の必要がないので、比較的簡単に始めることができます。でもこれは逆に言うと、酒類の提供・火での調理が禁止されているということになります。

 

ですので自分のやりたい店のスタイルや必要な資格や営業許可をしっかり学ぶようにしましょう。料理も提供することを前提で考えるならば、単なるコーヒー屋より飲食店として開業を目指す方がいいでしょう。この場合要求される項目が多くなりますので、飲食店を目指される方は初めから資格取得に向けての情報収集に励みましょう。

 

カフェ経営に必要な資格

実は、「カフェ経営資格」なるものは存在しません。それはカフェという名の飲食店経営に必要な資格類全般であって、一連の法的許可の取得すべてを指します。

 

既にご紹介した、「食品衛生管理者」や「防火管理者」は最低限必要ですが、個人業として登録し営業を開始するために「個人事業開廃業等届書」や「食品営業許可申請」、「防災管理者選任届」、「防火対象設備使用開始届」、「火を使用する設備の設置届」、「深夜の種類提供飲食店営業開始届」、その他従業員に関する労災保険、労働保険への加入などが求められます。

 

しかもそれぞれが、営業までの一定の期間前に申請し、受理される必要があります。ですので十分前もって準備にあたる必要があります。意外にも、調理師免許は必須項目ではありません。

 

食品衛生責任者の資格があれば法律上はカフェの経営は可能です。それでも飲食店としてのスタイルでカフェ経営を考えていらっしゃる方であれば、食中毒の原因・対策や食品の適切な管理方法を学べる調理師免許はきっと心強い味方となるでしょう。

 

そして営業を始める前に、保健所に調理をする施設の平面図を示した概要や配置図、水質検査の証明書の提出も必要です。これによって安全に飲食店を経営されるかどうかの許可が得られます。

 

カフェ経営に必要なそれ以外のもの

やはり、おいしいコーヒーを出さなければカフェの経営は成り立ちません。コーヒーの生産や生産地ごとの質・違い、焙煎の知識、器具の扱いといったコーヒー全般について知らなければなりません。

 

プロの証拠であるバリスタや、紅茶等その他の資格も視野に入れておきましょう。経営学や簿記なども学ぶか誰かを雇うかでカバーしておきましょう。

 

まとめ

一人ですべてを網羅するには時間がかかりますが、それぞれの分野での講習会やコミュニティーを活用することで、カフェ経営に必要な資格やハードルを一つずつクリアしていきましょう。

関連ページ

飲食店経営に必要な資格
憧れのカフェ経営。コーヒー好きが高じて自分で生豆から焙煎するようになり、気が付けばそれをささやかに販売するまでになっていて、そこから自前でカフェの経営を考えるようになったという人は少なくありません。
おいしいコーヒーを入れるには
おいしいコーヒーを淹れられるようになれば、誰でも至福のひと時を比較的簡単に手に入れることができます。コーヒーの淹れ方を学んでいる人ならだれでも、日々自分の技術の向上を目指しておられることでしょう。
コーヒー資格を取るには
自家焙煎やカフェの経営まで視野に入ってきたなら、コーヒーについてより深く知ることが必要になってきます。世の中にはコーヒーに関する国家資格などはありませんが、独自に定められたコーヒーに関する一つの試験や資格などがあります。
カフェ経営にも生かせる朝のコーヒー
自宅で豆を焙煎し、それを気に入ってくれる人がいたら、カフェの経営も夢に見えるところまではきていることでしょう。朝のコーヒーを活用して、バリエーションを増やすなら、きっといろんな選択肢を手に入れることができるはずです。