カフェ経営に必要な資格おすすめ・ランキングガイド

主婦をしながらでも学べるコーヒーの基礎知識

 

おいしいコーヒーを楽しむため

コーヒーについて基礎的な知識が必要です。

 

コーヒーに関する知識や技術は

いつもの食卓やリラックスタイムをより豊かなものに演出することができるようになります。

 

一般的に飲まれているレギュラーコーヒー

おいしく楽しむためにはいくつかのステップを踏まなけれなりません。

 

 

 

コーヒーは男女問わず世界中で親しまれている飲み物です。家族であれば、主婦のお母さんが朝食にコーヒーを淹れているという家庭も多いでしょう。どうせコーヒーを飲むのであれば、最高においしいコーヒーを飲みたいですし、家族にも提供したいでしょう。

 

主婦であれば、友達を家で迎えるときにおいしいコーヒーを出すことができれば、会話が弾みますし話題も膨らみます。おいしいコーヒーを楽しむためにはコーヒーについて基礎的な知識が必要です。主婦をしながらでも、家事や仕事の合間に充分にコーヒーについて学ぶことができます。

 

コーヒーに関する知識や技術は、家庭ですぐに実践できるので、いつもの食卓やリラックスタイムをより豊かなものに演出することができるようになります。

 

さて、一般的に飲まれているレギュラーコーヒーをおいしく楽しむためにはいくつかのステップを踏まなけれなりません。まずは豆選びからそれは始まります。たくさんの産地から自分好みのコーヒー豆を選ぶのです。細かく言えば現地での精製方法にも違いがあります。生豆を手に入れたなら、次の工程は焙煎です。焙煎の具合によって味わいは大きく変化します。

 

産地ごとの特徴を味わうのもいいですが、ブレンドによって味わいはさらに広がりを見せます。専門的に思える焙煎ですが、自宅でも意外と簡単に行うことができます。

 

焙煎用の網とガスコンロを使って、主婦でも焙煎からコーヒーを楽しむことができるのです。次の工程はコーヒー豆を挽くという作業です。コーヒーが最も香りを発するのはミルによって挽かれる瞬間です。

 

豆から粉に生まれ変わったコーヒーにお湯を注いで抽出する工程にも様々な種類があり、それぞれのこだわりが光ります。ここまで来てはじめて至福のコーヒーを味わうことができるのです。

 

おいしいコーヒーを入れる方法

 

挽く作業でおいしさに関わる重要なポイント

その後の抽出方法に適した粒度で挽くということです。

 

「中細挽き」は

一般向けにに市販されているレギュラーコーヒーのほとんどがこの挽き方になっています。

 

挽き方と抽出方法の相性

抽出方法にぴったりの挽き加減を正しくチョイスする必要があるのです。

 

 

コーヒーを飲むときには焙煎後の豆を購入することが多いでしょう。

 

豆の状態ではコーヒーを淹れることはできず、挽くという作業が必要になります。挽く作業でおいしさに関わる重要なポイントは、その後の抽出方法に適した粒度で挽くということです。粒子の大きさによってコーヒーの挽き方にも幾つかの種類があります。

 

最も細かい挽き方は「極細挽き」と呼ばれます。上白糖程度のパウダー状で、適した抽出方法はエスプレッソです。次に粗いのが「細挽き」という挽き方です。上砂糖とグラニュー糖の中間ぐらいの細かさで、ウォータードリップといって水で抽出するときにはこのくらいの粗さのものを用います。

 

「中細挽き」は、グラニュー糖程度の粒度で、一般向けにに市販されているレギュラーコーヒーのほとんどがこの挽き方になっています。抽出方法としてポピュラーなペーパードリップ方式や、コーヒーメーカーでの抽出に向いています。

 

その次に粗い「中挽き」はグラニュー糖とザラメの中間ぐらいの粒度です。サイフォンやネルドリップという布フィルターを使った抽出方法と相性がいいです。

 

コーヒー豆の削り方で一番粗いのは「粗挽き」です。ザラメ程度の粗さで、バーコレーターなどお湯との接触時間の長い抽出方法を取るときに最適の挽き方です。コーヒーは抽出方法と使う道具によってお湯との接触時間が異なります。

 

挽き方と抽出方法の相性が合っていないと、豆の成分が充分に抽出し切れずに薄くなってしまったり、反対に抽出されすぎて苦味が強くなってしまう恐れがあります。ですから、自分が普段行っている抽出方法にぴったりの挽き加減を正しくチョイスする必要があるのです。

 

さて、ここまで来ていよいよコーヒーの抽出です。最も一般的なペーパードリップでおいしく淹れる方法を紹介します。

 

おいしいコーヒーを入れるためにまず、準備した道具を温めておきます。ドリッパー、サーバー、カップ、ソーサー、スプーンといった器具をお湯で温めておきましょう。

 

抽出用のお湯を細口のドリップポットで沸騰させ、火を止め、お湯の表面のボコボコとした泡が収まるまで待ちます。この瞬間がコーヒーを入れるのに最適な約95℃のお湯です。

 

フィルターの底の部分と側面部分を折り曲げ、ドリッパーに押さえつけ、ペーパーとドリッパーにできるだけ隙間ができないようにします。コーヒー粉を入れて表面を平らにならしてください。

 

少量のお湯を粉全体に均等に含ませてコーヒーを蒸らします。この蒸らしの作業がおいしくコーヒーを入れるためのコツです。サーバーに数滴コーヒーが出てくるのを目安に注ぎ、約20秒蒸らします。

 

その後、中心に「の」の字を描くようにゆっくりとやさしくお湯を注いでいきます。サーバーの目盛りを目安に抽出を終了してください。抽出したコーヒーを温めておいたカップに注げば完成です。

 

カフェ経営に必要なこととは?

 

コーヒーに関する知識や技術が増えてくると、それをビジネスに活かすことができないかと考えるようになるかもしれません。

 

自分が淹れたおいしいコーヒーをいろんな人に飲んでもらいたいと思うでしょう。

 

自分の好きなことを仕事にできるのは素晴らしいことです。コーヒー好きが高じてカフェ経営を始める人もいます。カフェを経営するためには何か必要でしょうか?

 

飲食店を開業するためには資格が必要です。カフェの経営にあたって絶対に必要なのは「食品衛生責任者資格」です。これは飲食店の1店舗につき必ず1人が取得していなければならない資格です。

 

食品衛生責任者資格は、栄養、調理師、製菓衛生師などの資格を持っていれば新たに取得する必要はありません。食品衛生責任者の取得はそれほどハードルの高いものではありません。管轄の保健所か食品衛生協会に問い合わせて、申し込み後、講習を受ければ認可されます。

 

講習では衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学などについて学びます。その後、営業許可申請などが通り、税務署に開業届けを出せばカフェを営業することができます。カフェ経営をするためには様々な申請が必要になりますが、資格としては基本的に食品衛生責任者資格だけです。

 

趣味の延長のような感覚で、カフェにやってきたお客さんに自分のコーヒーを飲んでもらいたい、という気持ちは大切なことですが、よほどお金が余っているというのではない限り、ビジネスですので利益を出さなければ続けていくことはできません。

 

カフェを経営していくためには、マーケティングの知識や開業までのノウハウを知る必要もあります。また、もちろんのことですがカフェを営業する店舗や敷地、道具、材料の調達口、資金などが必要です。

 

現場でも生かせるコーヒースキルの学び方

 

焙煎についても極めれば、喫茶店やレストランなどのコーヒーを扱う現場でも充分に役立てることができます。

 

本格的な焙煎は他業者に任せるとしても、知識やスキルとして知っていると最良の豆を選んで仕入れることができるようになるかもしれません。コーヒー豆の焙煎具合は全部で8段階に分けられています。

 

浅く焙煎したて豆ほど酸味が強く、深く焙煎した豆ほど苦味が強くなります。コーヒーを焙煎する時に起こる化学変化の度合いで酸味や苦味が変化するのです。その焙煎時間で微妙に味わいが変化します。

 

焙煎度は浅い方から順に、ライトロースト、シナモンロースト、ミディアムロースト、ハイロースト、シティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストの8段階に分けられます。ライトローストとシナモンロースとは浅炒りに分類されて一般的には飲用にはあまり向いておらず、飲む機会も少ないと思います。ミディアムローストとハイローストは中炒りと呼ばれます。

 

家庭用に販売されているコーヒー豆はハイローストである場合が多いです。シティローストからイタリアンローストは深炒りと呼ばれる部類になります。シティローストは喫茶店で通常味わえるようなローストです。

 

8つのローストのどれを選ぶかは、その人の好み、また抽出方法や抽出道具によって大きく分かれます。ライト、シナモンといった浅炒りはさすがにあっさりし過ぎて、おいしく感じる人は少ないと思います。ミディアムローストはアメリカンスタイルを好む人に人気のローストです。すっきりとしていた味わいを楽しむことができます。

 

最も標準的なローストはシティローストかもしれません。鮮やかなコーヒーブラウン色が特徴的で、家庭用、業務用でもこの焙煎が多く用いられています。

 

エスプレッソが好きならシティローストか、フルシティローストが相性がいいと思います。フレンチローストは強い苦味と独特の香りが特徴です。カフェオレやウインナーコーヒーなどミルクやクリームでアレンジするならこの焙煎がいいでしょう。

 

これらのローストやコーヒーの奥深さを学ぶためには、本を読んだり、インターネットで調べるだけでは不十分でしょう。

 

実際に有名なカフェや喫茶店に足を運んで、いろんなコーヒーを自分の鼻や舌で香りや味を体感しなければなりません。

 

その経験が自分がカフェを経営するときに大いに役立つでしょう。

 

コーヒーに関する知識や技術が増えてくると、それをビジネスに活かすことができないかと考えるようになるかもしれません。自分が淹れたおいしいコーヒーをいろんな人に飲んでもらいたいと思うでしょう。

要点を紹介するキャラクター

 

コーヒー系資格のおすすめランキング

コーヒー好きの人の中にはスキルアップのために、またビジネスチャンスを広げるために資格取得を目指す人がいます。コーヒー関連のどのような資格があるでしょうか?

 

おすすめのコーヒー系資格をランキング形式でご紹介します。

 

画像名を入力

コーヒーソムリエの特徴

まず第1位は「コーヒーソムリエ」資格です。日本安全食料料理協会(JSFCA)が試験を実施し、資格を認定しています。この協会では他にもカクテルソムリエや和食エキスパートなど、食に関する様々な資格を取り扱っています。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
コーヒーソムリエの総評
  • カフェ開業の際に役立てることができます
  • コーヒーの産地や種類
  • 淹れ方と味の関係
公式サイトへ

 

画像名を入力

カフェオーナースペシャリストの特徴

コーヒー系資格のおすすめランキング第2位は同じく日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している「カフェオーナースペシャリスト」資格です。

カフェオーナーとしての知識と、それを実務で活用できる技能を有していることを証明するための資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
カフェオーナースペシャリストの総評
  • カフェオーナーとしての知識
  • 実務で活用できる技能
  • 飲食業界で働いている人にもおすすめ
公式サイトへ
第1位:コーヒーソムリエ

まず第1位は「コーヒーソムリエ」資格です。日本安全食料料理協会(JSFCA)が試験を実施し、資格を認定しています。
この協会では他にもカクテルソムリエや和食エキスパートなど、食に関する様々な資格を取り扱っています。

 

この資格を取得すれば、カフェ開業の際に役立てることができます。また、カルチャースクールなどで講師活動もできるようになります。本業や副業で生かさないとしても、この資格を持っていれば友達や恋人とのコミュニケーションにおいてきっとプラスになります。

 

飲み物としてコーヒーが好きな人は多いので、おいしくコーヒーを淹れてあげると絶対に喜びますし、話題作りにもなります。趣味としてコーヒーを楽しむ人がスキルアップのためにこの資格試験に取り組むことも多いようです。

 

第2位:カフェオーナースペシャリスト

コーヒー系資格のおすすめランキング第2位は同じく日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している「カフェオーナースペシャリスト」資格です。

 

カフェオーナーとしての知識と、それを実務で活用できる技能を有していることを証明するための資格です。コーヒーが好きでこれからカフェオーナーとして働きたい人はもちろんのこと、飲食業界で働いている人にもおすすめの資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールでコーヒーの専門家として講師活動を行うこともできます。

 

一番おすすめ なのは「カフェ資格」

一番おすすめなのは「カフェオーナースペシャリスト」資格
カフェオーナーとしての知識
カフェの内装・設備について基本的な事柄を理解

その中でも一番おすすめなのは「カフェオーナースペシャリスト」資格です。カフェオーナースペシャリストになるためにはどうすればいいのでしょうか?日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している資格認定試験に合格すれば、この資格を取得することができます。

 

カフェオーナースペシャリスト認定試験を受けるための受験資格は特にありません。誰でも申し込み行うことができます。受験のために10,000円(消費税込み)の受験料が必要です。

 

インターネットで申し込みを行い、受験は自宅ですることができるので、仕事で忙しい人や主婦でも気軽に受験することができます。合否判定として全体の70%以上の評価で合格となります。

 

試験のレベルとしては、マーケティングの基礎知識、開業・運営の基礎知識、商品とサービス、マーケティング戦略、カフェの企画と計画、カフェの内装・設備について基本的な事柄を理解している範囲です。

 

カフェオーナースペシャリスト認定試験はいつ実施されているのでしょうか?偶数月に年に合計6回行われる予定となっています。つまり試験実施月は2月、4月、6月、8月、10月、12月です。

 

それぞれの試験実施月の20日〜25日の5日間が試験期間となります。5日間の試験期間中に自宅で問題を解答し、月末の提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を郵送します。そして、翌月の20日に合否通知が発送されます。

 

2ヶ月おきに試験があるので仮に試験に落ちてしまったとしても、2ヶ月後に再挑戦することができます。また、試験が年に6回と多いため、忙しい人でも自分に合ったタイミングで試験を受けることができるのは大きなメリットです。

 

上記の認定試験を直接受けて資格を取得する方法とは別に、インターネットで申し込める通信講座を受講することによって、「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得することもできます。

 

日本安全食料料理協会(JSFCA)が認可している、「諒設計アーキテクトラーニング」で通信講座を申し込むことができます。講座には通常講座とスペシャル講座があり、スペシャル講座を選択すれば、添削課題をクリアした後、卒業課題を提出することで試験免除となり、卒業と同時に資格を取得することができます。

 

すぐに資格を取得したい場合や確実に資格を取得したい場合はスペシャル講座がおすすめです。本人の努力次第では最短2ヶ月で資格を取得することも可能です。

 

また、「通信教育・通信講座SARAスクールジャパン」が実施している講座でも、このカフェオーナースペシャリスト資格を取得することが可能です。SARAスクールジャパンで使用する教材はオリジナルで初心者でもわかりやすく作られているので安心です。

 

プラチナコースを選択すれば、無試験で卒業と同時に資格を取得することができます。

 

カフェ資格はこちら

 

まとめ

カフェ経営を目指しているのであれば、コーヒーに関する基礎知識は絶対必須です。コーヒー豆について、様々な種類のコーヒーや産地ごとの特徴、ブレンドコーヒーについても知っていなければなりません。

 

正しい道具の用い方やおいしいコーヒーの淹れ方についても熟達していなければなりません。コーヒーそのものに関する知識に加え、カフェを経営していくとなると、マーケティングの知識や開業までのノウハウを知る必要もあります。通信講座を受講することによって、資格を取得しながらこれらの知識を取り入れることができます。

 

おすすめの資格は「カフェオーナースペシャリスト」資格です。コーヒーを本格的な趣味としたり、思い切ってコーヒーを提供するカフェを開くことによって、コーヒーが持つ奥深さや魅力を他の人に伝えていくことができるというのはとても素晴らしいことです。

更新履歴